一ノ瀬たけしの「僕の道しるべ」(母のブログ)

plumk.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

県立劇場コンサートホールにて

6月22日(金)   第48回日本精神保健福祉士協会全国大会にて

本来なら福島県で予定されていた全国大会ですが、原発の影響で熊本になったそうです。

県立劇場コンサートホールにて、お話とコンサートをさせて頂きました032.gif

当日は「ぷらむ」熊本の家族会の仲間が応援に来てもらいました051.gif051.gif

ギターの先生も駆けつけて下さいました060.gif060.gif

周りはハラハラドキドキ054.gif054.gif054.gif

なのに・・・・当の本人は024.gif  

c0090212_9233843.jpg
  

これまでの介護生活をありのまま、主人が話をして、そのあとたけしの出番!

国家斉唱の時と同じような気持ちで、心臓はバクバク・・(私・・・(-"-))

なんとか無事歌い終わりましたが、会場の拍手が鳴り止まず、感動の嵐でした007.gif

私たち親子も自然に涙が溢れ、これまで頑張ってきた16年間を認めて頂いた一瞬でした003.gif

苦しい事も沢山ありましたが、皆様の前で堂々と歌う息子の姿は輝いていました。

c0090212_9242969.jpg


一歩前に進むことで、何か見えてきます。

大きな不安はありますが、不安ばかり数えていても前には進めない!そんな気がします。

たけしが倒れた16年前、ステージで歌う息子の姿を想像することさえ出来なかったのに、

今.自分らしく前を向いている息子の姿は、私たち親の誇りです。

息子の頑張りに、親が勇気付けられる毎日です。


c0090212_9251965.jpg


全国から参加されていて、”たけしの歌だけ聞きに来ました”と東京の方。

記憶できないたけしにも、皆さんから頂いた励ましのお言葉は、きっと体で感じていることでしょう。

各県から早速、出演依頼の問い合わせが届いています。

お世話頂きました今野会長様、スタッフの皆様ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

県立劇場の音響は最高でした060.gif060.gif  さすがです(*^。^*)

c0090212_1553264.jpg


本番前の入念なレッスン???寿命が~・・・・008.gif008.gif008.gif

先生ありがとうございました。
[PR]
by plum_kumamoto | 2012-06-25 10:18 | イベント出演情報など | Comments(0)

泗水東小学校にて

6月10日(日) 

泗水東小学校にてコンサートをしました。

前日までどんよりとした曇り空だったのですが、コンサート当日は嘘のような真夏日!058.gif

生徒さんや保護者の方、地元の方と体育館は、いっぱいになりました!(^^)!

生徒さんも一生懸命に話と歌を聴いて頂き、たけしも汗びっしょりになって精一杯歌いました。

以前鹿本中学校で聞いて頂いた先生が、泗水中学校で校長先生になられ、たけしを読んでいただき、

今回のコンサートになりました 060.gif060.gif060.gif

c0090212_929325.jpg


         コンサート前に秋吉校長先生と記念写真を・・003.gif003.gif003.gif

ありがとうございました(*^。^*)
[PR]
by plum_kumamoto | 2012-06-25 09:32 | イベント出演情報など | Comments(4)

悲しいお別れ!

6月11日  原田正純先生が亡くなられる

水俣病研究の第一人者、原田正純先生が亡くなられました。

原田正純先生は、いつも水俣病患者のそばにおられた。患者に寄り添い、

その暮らしから真実を読み取ろうと試みられていた。弱いから見えるものがある。

原田先生がが提唱した水俣学は、弱者に学べと訴えられていた。

水俣病は息子と同じ高次脳機能障碍で、私たち家族も先生に何度かお逢いしたことがあります。

そのたびに優しい笑顔で、私たち親子に声をかけて頂きました。

「いつか水俣でコンサートが出来るようにするからね」と言って頂き、

そのお言葉の通り、水俣でコンサートをすることが出来ました。

コンサート終了後、原田先生から「頑張れよ!応援してるからね!」

と言って頂いた日の事、忘れられません。

私の書いた介護日誌、”生きている奇跡”を原田先生に読んで頂きたく、

ご自宅に送らせて頂きました。

すぐに先生からお便りと、まだ当時販売されていない本 ”宝子たち” が送られてきました。

c0090212_14453923.jpg


c0090212_1445519.jpg


これは私にとっていえ、我が家にとって大切な宝物になりました。

半世紀にわたり水俣病の患者さんと向き合われ、大変なご苦労もあったことだと思いますが、

常に患者さん側に寄り添われ、どれだけの方々が心救われたことでしょう。

母親の胎盤を通じて水銀汚染を受けた胎児性水俣病患者の存在を

明らかにし、常に患者の立場から水俣病問題を見つめ続けてこられた原田先生。


原田先生のご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by plum_kumamoto | 2012-06-15 15:01 | 高次脳機能障碍 | Comments(0)
line

高次脳機能障害と闘いながら、念願叶って歌手デビューしました。※コメントいただけると励みになります~♪お気軽にお願いします。


by plum_kumamoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite