一ノ瀬たけしの「僕の道しるべ」(母のブログ)

plumk.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

木村和也さんに逢い感激!

3月24日(土)
菊池有働病院の文化祭にて、RKK放送”夕方一番”の木村和也さんの講演会がありました。
友人に誘われて、主人とたけしと3人で出かけました。
 
c0090212_10334029.jpg

 RKKに入社して10年目のとき悲劇が起きました。
パラグライダーの着地に失敗され、脊髄損傷、両下肢完全麻痺からの生還をされたのです。
治る確率は(歩けるようになる)1%だったそうです。
何かしら健の時と同じ様に感じ、是非講演を聴きたいと思いました。
周りのご協力、もちろん本人の努力はすごかったと思います。
健と重なり合うものがあり、他人ごとではありませんでした。
全ての事にいえることは、その立場になってみないと本当の事はわからないのです。
今まで出来ていた当たり前の事が、出来なくなったときの辛さ、苦しさは当事者しかわからないと思います。1%の可能性にかけ、頑張って来た、キムカズさんは偉い。
「再起可能」の本にサインを頂き、健もキムカズさんにCDを渡しました。
キムカズさんもまだ完全ではなく、両足に痺れがあり講演の間も立ったり、座ったりの繰り返しでした。特に雨の日がしびれるらしく、大変だなと思いました。

又いつの日かお逢いできればと願っています。そのときは益々元気なキムカズさんと自立して頑張っている健がいればいいのですが。
今多くの人に勇気と元気を頂いて生きています。
[PR]
by plum_kumamoto | 2007-03-28 09:49 | 一ノ瀬たけし | Comments(1)

マスコミの力に驚き!

3月13日
今日は待ちに待ったSkoop On SomebodyのTAKEさんが熊本に来る事を知り、熊本のあるホテルに行きました。
逢えるという確信は無かったのですが、何かしら逢える!という気がしてなりませんでした。
待つこと10分あのTAKEさんが来ました。赤のジャンパーを着て、かっこいい事(^_-)-☆
たけしは握手をしたり、一緒に写真を撮ったりと嬉しそうでした。
まるで夢のような時間でした。一つ後悔していること。それは私はTAKEさんと握手しなかったこと・・・・残念!!!!!!悔しい!(^^)!悔やんでも、悔やみきれない何とドジなこと・・・・
c0090212_9433022.jpg

興奮したまま久しぶりに街に来たので、街ぶらをしました。
後ろから呼び止める人がいました。
「テレビ見ました!頑張ってください。」と知らない人に声をかけて頂きました。
その方は車イスの親子さんでした。人目も気にせず話し込んでしまいました。
そのお母さんは苦しんでおられました。話をしながら大粒の涙を流されました。
きっときっと話を聞いて欲しかったのだと思います。
次のたけしのコンサートに来てもらう約束をして、一緒に写真を撮って別れました。

すごい!マスコミの力。悪いことが出来なくなってしまいました・笑・
今からお出かけのときはちょっとおしゃれしていかなくちゃ・・・なんて(見られるのはたけしか?)
たけしの歌を聞いて一人でも多くの人が、元気になってもらえるならば・・・何処にでも行きます
[PR]
by plum_kumamoto | 2007-03-14 21:55 | 一ノ瀬たけし | Comments(0)

御船町カルチャーセンターにてぷらむ家族会開催

2月25日(日)PM1:00より御船町カルチャーセンターにて今年最初の家族会を開きました。参加者の9家族(22名)の参加でした。

新会員さんの参加があり、自己紹介より始まりました。
発病や病気以来2年~10年の歳月が経ち、それぞれに苦しかったこと・これからのことを報告しました。

会員さんも1つ1つの目標を決め、それに向かってがんばっています。

踊りの発表会をする、真美ちゃん。
家のリフォームをがんばっている大健さん。
ギターの練習と仕事をがんばっているケンピー。
歌手に向かってがんばっているイツタケ。
リハビリを頑張って歩行訓練をしている竜也君 。
みんなそれぞれに夢に向かって前進しています。
ケンピー・竜也君・健の3人で「上を向いて歩こう」を歌いました。
c0090212_955218.jpg


c0090212_955311.jpg

[PR]
by plum_kumamoto | 2007-03-09 09:55 | ぷらむ くまもと 家族会 | Comments(0)
line

高次脳機能障害と闘いながら、念願叶って歌手デビューしました。※コメントいただけると励みになります~♪お気軽にお願いします。


by plum_kumamoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite